2020-01-27

 河川の橋脚や護岸にある目盛り表示は量水板と呼ばれます。大雨、台風による河川増水の時、テレビニュースなどで目にすることがあります。他にも水位を測る様々な測定機器があります。例えば投げ込み式水位計やフロート式水位計があります。どちらも直接流体を計測するもので、流体(汚水、上水、河川水など)により適した方式を選択します。他にも計測に気泡、音波を用いたものもあります。投げ込み式水位計の水位検出には圧力センサーを用います。水位差による圧力を電気信号に変換して水位を現しています。上水から汚水までの計測に幅広く用いられています。正確な計測のためにセンサー部の定期的なメンテナンスを必要とします。フロート式水位計はフロートによる水位の変動を電気信号に変換して水位を計測します。河川、池、水路などの計測に用いられています。機械式なので比較的丈夫であり、メンテナンスはフロート部の動作チェックを適宜行います。超音波の反射を利用した超音波式水位計は、水面から反射して戻ってくる音波を電気信号に変換して水位を現しています。正確な計測のためにセンサー部の定期的なメンテナンスを必要とします。気泡式は水中に配した管内に気泡を通して、管内の圧力を測定します。管内と管出口の圧力は等しくなるので測定値を電気信号に変換します。簡単なものはホースを設置し空気を送るだけです。
水位を計測する主な場所は、河川、工場の燃料槽の液面、上水場、マンホールポンプ場、下水処理場などです。目的は流体の監視、処理、移送などで使用されています。利点は遠隔監視が可能ということです。河川であれば大雨などによる増水で氾濫の危険を監視し、ポンプ場では機械的にポンプの運転・停止を制御するなど、なくてはならないものです。現場から離れた場所での監視が行えますので、河川の水位などを現場まで行かなくても知ることができ安全です。しかし、機械なので当然故障や消耗をします。そのため、定期的なメンテナンスは機器の寿命を延ばし、いざという時の事故を未然に防ぐ大切なことです。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.