2020-01-20

 水位計とは水の位置を計るための機器です。投げ込み式の水位計は水中に水位計感部を設置することになりますが、気になる耐久性については筐体に水に強いステンレスを使用していることが挙げられます。基本的にはステンレスでも耐えられますが、環境によっては海水など更に過酷な条件もあるので、筐体にチタンが用いられるケースもあります。水位計を活用するコツは、収集したデータの使い方であったり、目的を持って工夫して水位計を設置することから始まります。水が生活の安全を脅かす環境であれば、水位計一つの設置が人々の安全を左右したり、安心感に繋がる可能性があります。計測が行える場所は、基本的に設置出来る条件さえ整っていれば、どこでも取り付けて計測し始めることができます。屋外の河川などに設置されることはもちろんですが、屋内でもタンクや容器の水位が安全に関わることもあります。つまり、大量の水や液体が存在する場所であれば、どこでもこれらの製品が活用できる場面に発展します。機器を選ぶコツとしては、設置場所に適したサイズであったり、必要な条件に合致した性能を有している製品を用意することです。瞬間的な値だけではなく長期間の変動を記録したい時は、記録装置を含めたシステムを構築することが大切です。記録が行えるようになれば値の変動を見落とす可能性は減りますし、後から時間をかけて状況を分析することも可能になります。記録という機能が追加されれば、使い道や活用の場面はもっと広がります。上手な使い方はそれぞれが工夫して見つけるものですが、水位で状況が大きく変化するシビアな環境であれば、何らかの形で活用出来る場面はあります。水位計の導入は安全の確保を始めとして、植物の発育や健康状態の維持、そして研究分野での情報収集にも繋がります。水位一つで財産を守ったり、新しい今後の可能性が見えるきっかけになるので、導入を考えることは意味があります。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.