2019-11-22

 気象観測とは、主に気象に関係した現象を観測することを全般的に指します。現在は技術が進歩したため、いろいろな機器の組合せで様々な方法で気象観測を行うことができます。この気象観測は昔から存在していて地上から星の軌道などを計算して観測を行っていましたが、現在では人工衛星などを使用することで地球の外から雲の発達や動き方などを観測することで天気を予測することができるようになりました。しかし、これはあくまで予測や予報であるため、必ず当たるとは限りません。
 気象の観測をすることで自然災害なども予測することができるため、未然に自然災害の影響を最大限に抑えることができます。これにより多くの命を救うことができます。現在、気象観測をするときに使用されている測器は温湿度センサーや風向風速計、雨量計、気圧計、日射計など様々なものがあります。気象庁が行っている観測方法は人工衛星による地球外からの雲の発達、動きの観測、気象レーダー、高層気象の観測(上空の気圧や気温、湿度、風向風速観測を行う方法)、気象台などで得た情報、地域気象の観測所(積雪深、降水量、風向風速、気温、日照時間など)の情報、アメダスで得た情報をもとにして分析や解析、軌道の計算などを行い天気を予測しています。気象というのは様々な自然の影響を受けていくため、必ずしも予報した天気にはなりません。そして、気象現象と地球の環境はお互いに影響を及ぼしあっているといえます。地球温暖化により、地球全体の温度が数度上昇したことで一部の地域では雨が降らなくなって砂漠化を起こしてしまったり、雨は降るのに工場などから排出された有毒なガスなどの影響によって雨が酸性になってしまうことがあります。その地球温暖化の影響でなどおかしくなってしまった環境を監視するための技術とも言えます。地球全体で地球温暖化を抑制するために様々な活動をしています。進化した科学技術を利用しても、地球で起こる自然災害の猛威を抑えることはまだとても難しいです。自然の勢いはとても強く人間ではどうすることもできないものです。そのため、まだ気象観測のシステムの研究が必要になります。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.