2019-11-21

 気象観測が必要な場面は、例えば天気予報を行っている団体であり、テレビやラジオ放送などで随時情報提供を行っているのを多く見ることができます。他にも大学や研究所での研究の材料として気象観測データが必要とされていたり、近年では土地に関する問題として不動産関連や都市開発などを手掛けるような団体でも必要になることがあります。その背景には近年増えている異常気象を挙げることができますが、常に監視を行うことで人々の生活に役立つ設備の設置や、商品開発などに効果的に役立つことになります。
 気象観測の方法としては、学校教材用の簡易的なシステムも販売されていますが、教材用は耐久性や精度に不安がありますので、業務として利用するためには本格的なシステムを導入することになるでしょう。温度センサーや温湿度計を用いて気温や湿度を計測し、風向風速計で風の強さと方角を計測します。また、日射計で日射量を計測し、雨量計で降水量を計測し、その地点での総合的な気象観測を行うことができます。このような気象観測システムでは、設置が大掛かりで複雑になってしまうケースも見られますが、三脚を使った方法で組み立てから設置までをスムーズに行うことができるように配慮した設計のシステムも存在します。無人でも自動的に監視を続けることができたり、商用電源がない場所でバッテリーを使ってシステムを駆動させることもできます。また、携帯電話の電波などを利用してデータを遠隔地に送信することで、24時間いつでもデータ監視をすることが可能になります。このように様々な目的に合わせた気象観測システムが構築できます。 

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.