2020-05-20

 太陽光発電計測システムで使われる日射計は日射量を計測する機器です。センサーの構造や精度はコストによってさまざまで、研究などに使用するものであればかなり正確に計測する必要がありますが、家庭用で使う分にはそれなりの精度のものを安く導入できるほうがありがたいでしょう。日射計の性能基準は国際規格で三段階あるので、用途に応じて選ぶようにすればよいでしょう。日射計の最も高精度のものをセカンダリースタンダード(二次準器)といいます。次いで、ファーストクラス、セカンドクラスがあります。高い精度を持つための特徴として、外部環境から受ける影響をどれだけ抑えられるかというのがあります。センサー部分をガラスなどで保護するなど、直射日光や雨風が当たっても急速な劣化がないように作られているのです。日本ではさまざまな気候の変化があるため、それらすべてに対応する強さが必要で、防水や防滴機能のほか、高温や低温にも耐えなければならないのです。特に大切なのは日射を受けることで本体が熱を帯びて誤った結果を出さないための作りです。精度を良くするために、ガラスドームを二重にして直接受ける熱の量を減らすよう工夫されているのです。
太陽光発電計測をして発電量を分かりやすくするようにすることで、電気の使用料を減らす意識をするようになるので、家庭での電気代節約にもつながります。計測によって得られたデータは企業にとっても大切です。より効率よく太陽光発電をするための研究開発にもつながるのです。日射量や気温といった環境データと発電量のデータを蓄積することで、太陽光発電装置の発電効率をより正確に割り出すことができるようになるのです。太陽光発電は持続可能で安心安全な自然のエネルギーとして注目を浴びています。太陽光発電計測システムを用いてより高性能な太陽光発電装置を開発することは大切なことなのです。計測システムを導入しておけば、日射や温度などの環境データを含め、太陽光発電装置に係るデータを1つのモニターに表示できるので、わざわざ計測器のある場所まで行って数値をチェックする必要もなく、研究に役立てやすいのです。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.