2018-11-08

風速計は、単に地上気象観測用としてだけではなく、業務用やレジャーなどあらゆる分野で使われています。地上気象観測は固定式の風速計であるのに対し、家庭やレジャーで使われるのはハンディタイプであることが多いです。
ハンディタイプの中には4種類の測定が可能なものもあります。それは瞬間風速、平均風速、最大瞬間風速、風程です。ハンディタイプの風速計は固定しておく気象観測用のものとは違って、ポケットなどに入れて気軽に持ち歩くことができる設計になっていて、作業現場などで使われています。その代表的なのがエアコンなどの風量検査、ダクト内の風量測定といった場面で使われるものです。
こうした場面では、一般家庭では使われませんが、業務用としては重要な役目があります。エアコンメーカーなどでは、技術者が手に持って一台一台を細かくチェックするといった場面で使われます。こうした機器は単に風速を測るだけではなく、温度も計測できる機能も併せ持っていることもあります。
測定結果の表示はアナログタイプもありますが、今はデジタルタイプが主流になっています。ハンディタイプの風速計は、メーカーや使用目的により様々な機能を持っていますが、地上気象計測では計測しないような非常に弱い風速の変化もキャッチできるものもあるのが特徴です。その代わり風速20~30m/sといった強い風を測定することはできません。
風速計といっても一般気象観測用と、電気製品の検査用とでは、求められる機能が全く違いますが、0.01メートルの風速の違いを的確に測定する風速計は、やはりデジタルならではの世界の話です。
中国の大気汚染の影響を日本でも受けることが、現実問題としてしばしば発生するようになると、家庭用の換気扇、エアコンなどに汚染物質の測定機能が求められるようになることが予測されます。電気製品の測定をする風速計に、こうした機能を持たせることも考えられます。これまで、特殊な機器であり、一般家庭には縁のないものと思われていた測定器が一般家庭でも使われるようになる時代がそこまで来ています。


お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.