2018-11-08

風向風速計の重要性

現在は気象観測で様々な測定器が使用されています。その中でも人々の生活を安全に送るためには風向風速計は重要だと言われています。ではどんな時に使用されるのでしょうか。ここでは気象観測の測定で使用される風向風速計の重要性について紹介します。
使われる用途としては色々ありますが、例えば空港で使用されることがあります。飛行機は雨や雪など天候が悪い時に限らず風の影響を大きく受けるものです。あまりにも風が強いと運航を中止にする必要がありますが、それを判断するためには風向や風速を計らなくてはなりません。風向風速計を使用すれば今現在どのくらいの風が吹いているのか、どの方向に向かって吹いているのかを知ることができます。安全に飛行するためには必要不可欠な測定器です。続いて高速道路でも活用されています。高速道路では自動車が比較的速いスピードで道路を走行しますが風が強い時に速いスピードで走ると、風の影響を受け横転の恐れがあります。それを防ぐためにも風向風速計は役に立っています。また、海でも使用されることがあります。海も風の影響を受ける場所で、無風の時はそれほど大きな波は立ちませんが、風が強くなると次第に波が立つようになり、船舶に影響を与えます。海の安全を守るためにもどの方向にどのくらいの風が吹いているのかが重要です。このように、様々な場所で風向風速計が使用されていますが、安全のために重要な計測器になるのでなくてはならない存在です。

風向風速計の基本的な設置場所

風向風速計は海や山、空港、高速道路など人々の生活の安全を守るために設置がされていますが、基本的な設置方法としてこれから設置をしたいと思っている方のためにも紹介をします。まず基本的な設置場所としては平らな開けた場所に、独立の塔や支柱を建て、地上から10メートルの高さ(WMO・世界気象機関の基準)に設置すること標準とされています。しかしこのような理想的な場所を見つけるのが困難なことが多く、建物の近くや屋上などに塔や支柱を建てて設置することもあります。この場合、建物による風の乱れの影響で複雑な風が生まれる可能性があります。複雑な風になってしまうと正確に風向や風速を計ることができないので、設置についてあまり知識がない場合は状況に、応じて専門家に相談をするといいでしょう。このように、設置場所によって注意点や設置方法が異なるので、事前に調べたり専門家に聞いたりしてから取り付けることをおすすめします。

現代の風向風速計について

現在販売されている風向風速計の性能は高くなっており、気象観測をする方で購入をしたいと思われている方は精度の高く耐久性に優れた製品を導入することも可能です。風向風速の表示器も販売されています。この製品は風速値や風向をリアルタイムで確認することができますので、その場で見たいと思われる方はこのような製品を選択することで気象観測がしやすい環境を整えられるのではないでしょうか。風向に関してはLEDによる円形の方位で表示されることが多いです。また、風速が設定値を超えた時に警報接点を出力できる機能も搭載されているものもあります。製品の中にはSDカードで記録ができる製品もありますので、データをパソコンに移し替えてデータ分析をすることも可能です。


お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.