2019-07-31

温度計を持っている家というのは世の中には沢山あるものです。常に自宅の中の気温が今何度であるのかを、人は生活の利便性の為に知っておきたいものだからです。つまり温度計に表示されている温度が低いのであれば暖房をつければ良いことになりますし、逆に高いのであれば冷房をつければ快適に過ごすことが出来るようになるのです。しかし湿度に関して湿度計等を用いて記録をしているという家庭はあまり多くはないものです。やはり温度に比べると少々マイナーな存在であるからなのです。しかし常に今現在の湿度が何度なのかを記録して知っておくことは、健康を維持していく上で大変大きな意味を持つことになるのです。一体どういうことなのでしょうか。例えば夏の時期や梅雨の時期というのはとにかくジメジメとした湿気が発生しやすいものです。そして湿気が大量発生して困ることと言えば、黒カビ等が部屋中に大量に発生してしまうことなのです。黒カビはとにかく自宅の中でジメジメとしている場所であればどこにでも発生するという非常に厄介な存在です。しかも一度生えてしまったならば、それを落とすのには非常に労力を必要とするので、まさに人騒がせな存在であるとも言えるのです。しかし常に湿度について記録しておいて管理をするならば、このような黒カビの大量発生という悲劇を防ぐことが出来ます。湿度計等を見て数値が高いなと思ったならば、すぐに窓を開けたりエアコンのドライ機能を使う等の臨機応変な対策をすれば良いのです。黒カビの発生を防ぐことで、そこの住宅に住む人々の健康を守って維持させることが出来るのです。なぜなら黒カビというのは見た目が悪いだけでなく、人間の気管支等に入ってしまうと呼吸器系の臓器を悪くさせてしまうこともあるからです。黒カビの多い部屋で長時間過ごしていると何故だか気分が悪くなるという人は、まさにこれが原因となっているのです。それから湿度が逆に低すぎる場合は風邪等をひきやすくなってしまいますので、今度は逆に上げるような工夫をします。例えば加湿器を使ったりして、部屋の中にある程度の潤いを与えることが出来ます。特に冬場は乾燥して風邪をひきやすくなってしまうものなので、随時加湿器等を利用して部屋の中の空気を潤していくことが大切なのです。このようにジメジメしすぎていてもいけないものですが、逆に乾燥し過ぎていてもいけないのです。部屋の中を常にバランスの良い状態に保って健康を維持したいものです。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.