2019-07-31

湿度は空気中の水分量ですが、温度と共に正確に把握する事は重要で、時には温度以上に重要性が高まる場合があります。市販の湿度計は、ある程度の精度と価格のバランスを持っているので、入手性が良く気軽に購入出来る事が利点になります。ただ、湿度を把握する精度が低いので、正確に知りたい場合には適さないといえます。また、記録を行う機能を持つ製品も少ないので、湿度の傾向や変化、特徴を知る事は困難です。環境を知りたい時は、空気の状態や変化を調べたり、記録して傾向を理解できる状態を作り出す事が大切です。湿度の記録は様々な事に応用出来るので、考え方次第では価値ある情報として活用する事も可能です。生活の中では、空気中の水分が住宅の価値を左右したり、乾燥肌に対する影響、洗濯物の乾きといった問題に繋がります。空気の状態が正しく把握できれば、加湿器を付けるタイミングであったり、エアコンの除湿設定を無駄なく行えるようになります。これらは、生活の身近な問題なので、頻繁に発生しても深刻な問題に発展したり、生活の質を大幅に低下させるタイプのものではありません。しかし、空気が湿っていて乾かない状態は、長引けば住宅の価値を下げてしまったり、健康問題や美術品の被害といった状況に繋がり易くなります。除湿機には湿度センサーが付いているので、自動的に判断して稼働するので安心できますが、逆にそれが油断の元になることもあります。正確に環境を記録することは、正しい対処の気掛けを作ったり、住宅や建物、環境中の傾向や変化を知る機会になります。高精度センサーの特徴は、外部の影響を最小限にすることで、限りなく誤差の小さい正確な値を取得できることにあります。センサーは記録装置と組み合わせることによって、24時間正しい値を記録し続けるので、外出時や就寝中の変化も把握する事ができます。機械を用いて環境を把握する利点は、無人でも計測を続けられる事、途切れなく連続してグラフ化できることにもあります。単独で高精度な把握が可能な点は優れていますが、他の環境センサーと連動させたり、同時に記録することで新たな環境の変化に気が付けることも長所です。目に見えない現象の変化は、知らない所で生活に影響を与えていたり、原因の特定が困難な問題を引き起こしていることもあります。環境を知ることは、生活空間の理解を深めることだけではなく、問題解決の糸口を手にしたり、積極的に情報を活用することで大幅に改善できるかもしれません。


お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.