2020-06-04

 趣味の一つとしてガーデニングや畑作りに専念している人は少なくありませんが、もう一歩踏み込んで本格的な土壌作りから始めてみようと思う人もいるでしょう。その中でも土壌水分計の存在を知っている人は少ないのではないでしょうか。しかし、本格的な土壌作りを目指すならこの土壌水分計はとても便利な代物です。どのような物かといえば、名前のとおり対象となる土壌に含まれている水分量を計測する物です。植物の中には驚くほど繊細に土に含まれる水分の量に左右されてしまう種類があります。このような植物を育てるには目分量では心配なので、土壌水分計を使用します。園芸用品を取り扱っているホームセンターなどでも簡単に手に入るので、見たことがあるという人もいることでしょう。研究などに用いられるような物は緻密な作りになっていますが、家庭で使うものならデジタル表示や目盛り付きの見やすく使い勝手の良いものもあります。棒状のセンサー部分を土に挿して計ります。安価な製品もあるので、ちょっとガーデニングをレベルアップさせたい人にも気軽に購入して使うことができます。ビニールハウスで作られる植物や作物はちょっとした水分量の変化にも敏感で、きちんとした管理下の元でないとうまく育たないこともあります。夏には外に出していた植木の土はすぐにカラカラに乾いてしまうので適切な量を測らず水やりをして根腐れを引き起こしてしまい、冬の寒い時期では観葉植物は家の中でなければ枯れてしまうし間違った水やりもトラブルの原因になります。どちらの場合にも水分を計ることでトラブルを未然に防ぐことが可能です。本格的な物になればなるほど金額も上がってしまうので、用途に合った製品を使うことをお勧めします。地球温暖化が進み園芸植物や作物などを作っていくにあたり、気候の変化や土壌の水分変化などの研究も盛んに行なわれるようになりました。昨今の気温や気候の変化は先人の知恵を借りても対処が難しい場合があります。そんな時には土壌水分計のように便利に使える道具を使い対処をすることが成功への一歩と言えるでしょう。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.