2020-02-05

 気圧計と聞くとあまりなじみがないと思われる方も少なくありません。しかし、ヘクトパスカルという言葉を聞いたことがある方は多くいるのではないでしょうか。中学校の理科の授業などでも、ヘクトパスカルという言葉を学ぶことになります。また、夏の終わりや秋の始まりの季節には、台風が日本列島を通ることがあります。台風の勢力の強さは、ヘクトパスカルで表現されています。日本では一年に数回もの台風が到来するため、台風情報を通じて気圧の単位を聞いたことがある方も少なくないでしょう。基本的に気圧は気圧計などで測定することになります。現在では機器の進歩が目覚ましく、センサーなども登場しているため、気圧センサーも販売されています。街中では専門店というのは少ないですが、通販では気象観測装置を中心に取り扱い、販売してくれる業者がいます。
 どのような気圧計を取り扱っているのでしょうか。取り扱っている製品の中には、多種多様な環境に対応できる製品もあります。購入者によっては室内で気圧を測定したい方や、高温下での気圧計測を行いたい方もいます。このような様々な要望を持っている方に対応するため、複数の気圧計から選択が可能になるように多くの種類が販売されています。その他にも電力消費が少ない製品があります。少ない電力で駆動すれば、その分商品する電力が低下するため、観測のためにわざわざ商用電源を用意しなくても太陽電池や乾電池などで観測を行うことができ、観測者の負担軽減を期待できます。更に、コンパクトな気圧計もあるので、室内で観測する際に設置場所が確保できない時や、狭い場所で観測をしなければならない時でも活用できるでしょう。長期的に安定した観測を行える製品もあります。長期安定性があることによって故障による買い替えの軽減や、示す値の信ぴょう性などが確保できます。また、厳しい環境で観測をしなければならない時、ある程度の耐久性が確保されていないと設置すらできません。しかし、防滴構造や動作温度範囲が広ければ厳しい環境にも対応できるので、もし厳しい環境で観測をしなければならない方はこのような耐久性の高いものを購入されてみてはいかがでしょうか。表示付きの大気圧センサーもあります。表示付きであることによってその場で計測された気圧の値を確認することができます。このように質の高い様々な気圧計が販売されているので、この機会に購入を検討されてみてはいかがでしょうか。
 基本的に気圧計などの観測装置を扱う業者では複数の観測装置を販売しています。例えば、太陽光発電システムに活用することができる日射計や気温計になります。現在では太陽光発電システムを搭載している住宅は複数存在しています。太陽光発電システムを導入することによって一般家庭では電気代を節約することができたり、余剰電力を電力会社に買取りしてもらうことができます。一般家庭だけでなく、企業でも余った土地や自社ビルの屋上などに太陽光発電システムを導入して利益を得ています。一般家庭では太陽光発電システム向けの日射計や気温計を導入するところは少なくなっていますが、産業用の太陽光発電システムにおいては、日射計などを導入してどのぐらいの光が射し込んでいるのかを確認したり、気温を計測するのが一般的になります。太陽光発電システムを搭載しているけれど日射計などを準備できていない方は購入をしてみてはいかがでしょうか。その他に風向風速計などが販売されていたり、リアルタイムで風速データと最大風速をパソコンの画面上で表示することができる製品や、水位計や雨量計など幅広い気象観測システムが販売されています。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.