2021-04-14

気候変動と気象災害

 近年の日本は平成30年7月豪雨、平成30年台風第21号、令和元年房総半島台風(台風第15号)、令和元年東日本台風(台風第19号)など、激甚な気象災害に見舞われています。気象災害による国民生活や経済活動への影響は非常に大きく、人々の気候変動影響への関心が高まっています。
 具体的には台風の最大強度の空間位置の変化や進行方向の変化は気候変動の影響によるものという報告、平成30年7月豪雨は地球温暖化による水蒸気量の増加が広範囲での長時間の大雨に寄与したという報告があります。また将来、気温上昇に伴って強風や強い台風、河川の氾濫を起こしうる大雨が増加するという予測もあります。

気象観測システム

フィールドプロの「気象観測システム」製品紹介ページ。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.