2019-07-31

環境問題が大きく取り上げられるようになった現代社会においては、環境測定というのが重要な役割を示すようになっています。地球温暖化はそういった文脈の中で語られることの多い現象の一つであり、将来的に地球の表面温度が上昇することによって地球環境が大きく変化することが懸念されています。温度変化に伴う問題は地球規模のものとしてよく取り上げられるものですが、湿度も人の生活環境に大きな影響を与えます。日本の暑い夏の不快感を高める要因となっているのは多湿であり、逆に冬の皮膚のひびやあかぎれなどを促しているのは乾燥の影響です。日本の夏と冬の不快な面を司っているとも言えるでしょう。もう少し大きな規模となる社会問題としてはインフルエンザの流行があげられます。人は空気が乾燥することによって口や花の粘膜が乾燥してしまうためウイルス感染に対して脆弱になってしまいます。冬の乾燥した時期になるとインフルエンザが流行するというのは乾燥が大きな原因の一つです。これが原因でパンデミックも何度も発生し、多くの人たちの生命が奪われてしまっています。身近なところから社会全体に大きな影響を与えている要素だからこそ湿度の計測をすることに意味があり、その計測機器も進展が続いています。リアルタイムで計測をしながら記録をつけることができる温度湿度記録計は環境測定を行う際に重宝される機器となっています。自動的な記録が可能であることから、その測定のために人材を割く必要もなく、まとまったデータを即座に解析することができるようになっています。電子機器を扱う上では周囲の湿度が電気抵抗に影響を及ぼすため、精密な機器ほど湿度を考慮して動作させる必要が生じます。そのために感度の高いセンサーの開発も進んでいる状況があります。センサーの感度が上がることによってより環境依存性の少ない精密機器を開発することが実現されているのです。また、センサーの開発は湿度記録計の精度を高めることにつながっています。より感度良く変化を検出できるようになることで微々たる変化も逃さずに記録していくことができるからです。こういった器械の開発によって少ない労力で環境対策のために必要なデータをいつでも手に入れることができるようになっています。乾湿計が使用されて人が逐一記録していた頃に比べると自動化が進んだことによって環境測定も簡便になっているのです。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.