2019-07-31

湿度を知ることは、日常生活や社会情勢において欠かすことのできないものです。天気予報には湿度測定を欠かすことができません。また食品を保管する際にも深いかかわりがあります。湿度を計測する方法は昔から家庭用乾湿計という水銀をつかったものがあります。二本の水銀の高さから差を求めて計算するやり方です。簡単な計算ですが、少々面倒です。一方でデジタル式はボタン1つですぐに求めることができるますので非常に便利です。しかし誤差があり、やはり正確な値をもとめるのであれば水銀式がいいです。湿度や温度は記録しておくと非常に便利で役に立ちます。毎日記録をしていくと研究において以外な発見があるかもしれません。水銀よりも正確な値を求める器具として、「アスマン通風乾湿計」というのがあります。ファンがとりつけてあるので、室内の空気を循環させてより正確な値を導き出すことができます。ただし水銀やデジタルと異なって組み立てが必要であったり、重かったりして使いにくいという点があります。この器具はアスマンという人が考案したもので、かつては世界中で使われています。温湿度計は今や100円ショップでも販売されています。デザインに凝っていたり、色合いに力を入れていたりするものもあります。正確さを求めることはできませんが、大まかな目安の値を知るうえでは重宝されるでしょう。いずれにせよ家庭に一台温湿度計があれば快適度を知ることができ、洗濯物の乾き状態の目安になるでしょう。ただなんとなく感覚で過ごすというよりも値をある程度知っておくことで、生活に有利なときがあります。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.