2019-03-17

工業施設で使われている様々な機械の中には作業中に温度が上昇するものがあり、想定よりも高い温度になるなど、なんらかの異常が発生することがあります。そうしたトラブルを事前に防ぐためには、常に機械の温度を確認できるよう、温度センサーを使う必要があります。温度センサーが置かれる場所は、劣悪な環境になることも多いので、より耐久性に優れ、なおかつ正確に温度を測ることができるものを探してみましょう。
温度センサーは様々な場面で使われています。作業機械の表面温度をチェックすることもあれば、水温や地温を検査して、地中に何らかの変化が起きていないか確認したり、工業施設の管理以外にも、周辺環境の調査などにも使われています。使う環境によっては、製品ごと特長が調査結果に影響することがあるので、利用目的に合わせて、適切なスペックの製品を選ぶようにしましょう。温度センサーは使用目的が非常に豊富なため、製品のバリエーションも豊富です。耐候性に優れたケーブルを使っているものや感部に使用されている素子の違い、対応できる温度範囲の差など実に様々な違いがあるので、どれを導入するかで調査結果をはじめとする様々な状況が変わることもありえます。普段どれだけ大切に取り扱っているに使っているものでも、使い続けていればいずれは劣化していき最終的には破損してしまいます。重要なデータを得るための機器が壊れてしまうと取り返しの付かない事態に発展することもあるので、温度センサーに限らずある程度の期間使った機器については一定の期間が経ったら交換を検討したほうがトラブル発生のリスクを減らすことができます。新しい温度センサーに更新する際は、必ず規格の違いに注目するようにしてください。温度センサーには様々な種類があり、それぞれ違った特徴を持っています。例えば温度センサー感部に使われる素子ですが、白金測温抵抗体や熱電対等様々なものが使われており、それぞれ出力が異なりますので、更新時に既存のものとは異なる製品を導入する際は注意が必要です。最悪の場合機械の故障につながることもあるので、必ず仕様をよく確認したうえで更新作業を行ってください。
温度によって得られる情報は非常に様々で、時には大きなトラブルの防止に役立てることができます。例えば使用している機材の温度が急激に高くなったときは、何かのトラブルが発生している可能性が高いと、即座に対策に乗り出すことができますし、水温の上下の度合いでこれから先の気候などに影響が出るか調査するなど、温度の情報は、将来のトラブルを未然に防ぐ上で必ず必要となります。結果的には作業効率のアップなどにつながるかもしれません。温度センサーによる調査をしたいときは、より使いやすそうなものがないかよく探してみましょう。温度センサー仕様の違いは様々な形で現れますが、どの製品を購入するかで観測結果が大きく変わることもあります。使用目的と性能を考慮したうえで、最も有用な結果を出してくれると思われるものを選びましょう。


お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.