2019-12-24

 気象観測の際には様々なデータが必要となりますが、データ観測の際に導入されている機器の一つが日射計です。日射計とは太陽の光の強さを数値で判断することができる計測器で、気温や風向風速等と合わせて、より詳しくその日の気象状況を計測することが可能です。日射計そのものは、気象観測時にはもちろんですが様々な場面で利用されています。例えば、気象庁などをはじめ、詳しい気象データが必要となる機関においてです。毎日の天候を全て把握する必要があるこうした機関では、より正確なデータ、より詳細なデータを集めるために様々な計測器が取り入れられています。日射計もその一つで、太陽光の強さを測るためには非常に便利な機器として、各機関で積極的に導入がされているでしょう。こうした天気に直接関わるような業種においては情報収集の一環としてこちらを利用する事はもちろんですが、一般企業を始め、家庭でも設備導入をされていることもあり、様々な利用方法や目的で活用されています。このように、様々な機関において欠かすことが出来ない機器として、日々重宝されています。小学校などの学校でも、教材として取り入れられているような所もあり、授業の一環として重宝されている部分もあるでしょう。農業の分野でも積極的に導入されており、太陽光の強さに合わせて様々な対策が行われています。
 気象観測に使う日射計は様々な機関で利用されていますが、適切な場所に設置しないと正しい測定結果を得ることができませんので注意が必要です。使用する際には、まずは光を遮るような建物や木などななく、常に日光が当たる場所に設置するということです。日射の強さを知りたいので、日陰になるような場所に置いても意味がありません。機器によっても最適な設置場所は異なりますが、屋上などのできるだけ妨げるものがないような位置に設置するようにしましょう。購入前に適切な設置場所を事前に確認をすることが大切です。次に、振動が少ない安定した場所に設置することが重要です。精密機器ですので非常にデリケートに作られていて振動に弱く、数値にブレが生じる可能性があります。水平な場所、振動が少ない安定した場所に設置をするように心がけないと、頻繁にメンテナンスをする必要が出てくる場合もあるでしょう。また、あまりにも暑すぎたり寒すぎたりすると耐えられないようなタイプもありますので、注意が必要です。このように、機器によっては非常に繊細で、設置場所に気をつけないと正しいデータを取ることができない場合もあります。より正確なデータを取りたい方ほど、設置前にはしっかりと設置場所の選定を行うことが重要です。
 気象観測時の日射計選びはこのように、気象観測など設置をする場所などにも気を配る必要がありますが、使用する商品自体もしっかりと比較して選ぶことが重要です。まずは、設置場所に合わせた商品選びをすることが重要です。設置場所を工夫することも重要ですが、どうしてもそこにしか設置ができないという場合は、機器の方を環境に合わせましょう。様々なタイプの日射計が販売されていますので、条件に合わせた製品を選ぶことが重要です。日射計によっては、多少過酷な環境でもしっかりとデータを測ることができるようなタイプもあります。次に、金額の比較をすることが重要です。機能性の高さが求められる事はもちろんですが、大量に設置をする場合は特に、金額に関してもきちんと把握しておくべきでしょう。同じような機能性の商品でも金額に差が出る場合もありますので、商品選びの際には注意が必要です。そして、耐久性です。日射計を全国各地、様々な場所に設置をするという機関も少なくありません。そのため、機器にはある程度の耐久性がないと、設置して間もないのに正しい数値が測れなくなってしまったといったトラブルが生じてしまう恐れがあります。耐久力がないと正しいデータを安定して継続的に観測することができなくなってしまうでしょう。このように、比較ポイントはいくつかありますので、使用する際の商品選びの参考にしてみてください。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.