2019-12-25

 日射量とは簡単に言えば太陽から受ける放射エネルギーの量のことです。今では計測するのは業者だけでなく、個人で計測している人もいます。例えば太陽光発電システムの普及による事例です。太陽光発電システムは周知されているので知らない人は少ないでしょう。家庭用のものから産業用のものまで幅広く扱っているところが多く、家庭や個人事業主、法人の中には既に導入をしている人もいるでしょう。特にこのような方は日射量を普段から気にしているでしょう。基本的に太陽光発電システムは主に太陽エネルギーを電力に変換する装置になります。そのため当然ではありますが、太陽からのエネルギーが大きければ大きいほど、発電できる電力を増やせる可能性が高くなります。逆に太陽の光が当たらない場所に設置しても多くの電力を得られません。特に産業用のシステムを導入している人は売電ができるので、効率的に利益を出すためになるべく太陽光が常に良く当たる場所に設置したいと考えるのが一般的です。そのため、設置前にあらかじめ日射量の計測をして設置場所を決めるのに役立てています。太陽光発電は新エネルギーとして知られており、今後も普及し続けるため、これから導入を検討している人も多いのではないでしょうか。もし、設置を検討している人は日射量と発電の関係は深いので、日射量の計算方法を知りたいと思われている人もいるでしょう。基本的に日射量には様々な種類があり、それぞれの種類で計算方法が異なります。日射量の計算の仕方例えば全天日射量はGlobaltotで表されます。基本的に計算方法としては直達日射量Dirtot、散乱日射量Diftotの両者の合計で算出することができます。つまり計算式はGlobaltot=Dirtot+Diftotになります。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.