2021-05-12

 昼頃に何気なく空を見上げると、太陽の周りに光の輪が見えました。この現象は『ハロ(日暈)』と言われるものです。太陽に薄い雲がかかっている時に見ることができ、雲の中の氷の粒に太陽の光が屈折して起こる現象です。
 『ハロ』は『天気下り坂のサイン』とも言われています。確かに今日は、午前中は晴れ間も見えましたが、現在は厚い雲が広がっています。

 たまには空を見上げるのもいいですね。不思議な現象を発見できるかもしれません。(※太陽を直接見ないように注意しましょう。)

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.