2019-12-05

 日本では様々な場所に気象機器が取り入れられており、気象庁で公開されている観測地点は複数あります。北は北海道から南の沖縄県まで複数の観測地点があります。この観測地点があるおかげでわれわれの生活に役立てることができる気象データを得ることができます。そのデータを元にして今年は例年に比べて降水量が多いのか、猛暑の日が多くなるのかなどを推測するデータとして活用することができます。気象観測により天気を知ることで、私達は生活がしやすくなります。例えば会社に出勤する時、雨が降っていない日でも会社から帰宅する時には多くの雨が降る可能性もあります。もし天気予報で情報をつかんでいれば、折り畳み傘などを持参して帰りの雨に備えることができます。また、外で仕事をしている人は気候によっては業務ができない方もいます。第一次産業でいうと漁師の人は港から出航して漁を行いますが、風が強いと波が高くなるので、風の状況によっては中止したり予定を大幅に変更したりしなければなりません。気象状況を知っていれば帰港したり、次の日まで出航を延ばすこともできます。
 気象機器は気象観測のために使われることも多いですが、太陽光発電システムに活用する人もいます。太陽光発電システムとは太陽光を電力に変換するシステムのことで、今では多くの住宅、企業が設置をしています。売電もできるので、電力を売ってそれを利益にすることも可能です。家庭用のシステムには取り付けないケースもありますが、利益を得る目的で設置をする産業用太陽光発電システムにおいては、管理をするために気象機器が導入されています。例えば日射計を設置すれば日射量を知ることができます。発電するためには太陽の光が必要になります。日射量を知ることで太陽光発電の管理に役立てることができます。また、温度や風観測ができる気象機器のデータと総合的に判断をして、運用や研究に役立てることもできます。
 気象機器を扱う業者は幅広く製品を取り扱っています。インターネット接続でデータを見ることができるタイプの製品もあります。気象データを知るために、設置現場まで足を運ぶのは大変ですので、パソコンやスマートフォンなどから確認できる製品を導入する人が多いです。また、簡単に組み立てで設置できる設計になっている製品もあるので、そのような製品を選択すれば導入の手間が省けます。さらに、乾電池のや太陽電池電源で稼働する観測システムもあるので、商用電源を準備しなくても利用可能な製品もあります。
 風向風速計は、地上気象観測だけでなく山岳地帯や海辺などに設置してある風力発電の事前調査や運用のために導入している人も少なくありません。また、小型のタイプや表示器がセットになった製品も販売されているので、ビルの屋上などに設置して建物内で値を確認することも可能です。その他にも画像記録システムを取り扱うところもあります。画像記録システムとは離れた場所から画像データを得ることができるものです。気象機器の購入を検討している人の中には業者の選び方を知りたいと考えている人もいるのではないでしょうか。まず業者を選ぶ時には取り扱っている気象機器の種類を確認しておきましょう。例えば複数の気象要素を計測したい人もいますが、取り扱っている種類が少ない業者だと、一つ一つ目的の要素が測れる製品を販売を行っているところを探して注文しなければならないので、手間がかかる可能性があります。また、選定時にはなるべく相談ができるアドバイスをくれる業者を選択するようにしましょう。経験豊富業者であればアドバイスをもらうことができたり、相談をしたりすることができるのでメリットを感じることができる人もいるのではないでしょうか。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.