2019-12-02

 毎日ニュースで天気予報をチェックしている方は少なくないと思いますし、多くの方が天気予報を頼りにして「今日は傘を持っていこう」「これなら傘はいらないな」と判断することができます。天気予報ができるのもすべて気象観測のおかげですし、高性能な気象観測システムの存在によって我々は日々の天気をより正確に知ることが可能となっています。
 また、最近では異常気象も多いことから気象事業団体や研究者だけでなく、個人で気象観測機器を購入しようとする方も増えてきました。「個人で気象の観測ができる機器があるの?」と驚いた方もいるかもしれませんが、実際にインターネット上で探せば個人レベルでも取扱可能な気象の観測機器は販売されています。
 気象観測システムを導入する上でもっとも重要なのはやはり性能ですが、いったいどこを見て性能を判断できるのかと疑問に感じた方も多いのではないでしょうか。やはり安価すぎる製品は性能と耐久性に不安が残ることが多いです。当然精度はあまり期待できませんので、正確な気象の観測は難しくなりますが、正確性を求めず数値は目安程度で良いのであれば問題ありません。しかしながら、安いものは粗悪なものという考えそのものは間違いではないかもしれませんが、必ずしもそうとは言えなくなってきました。実際、現在では安くても素晴らしい品質を誇るアイテムがたくさんありますし、気象観測システム機器においても同じことが言えます。気象の観測機器には低価格でリリースされているものもありますが、その中には非常に高性能な品もあります。もちろん、低価格で提供されている観測機器すべてが素晴らしいというわけではありませんが、そのような品もあるということです。実際には値段なりの性能しか持っていないおもちゃのような製品もありますが、その一方で低価格にも関わらず素晴らしい精度を誇る機器も存在します。これから気象観測機器を購入しようと考えている方は価格だけでなくトータルで考えることが大切です。安くてもいいものはありますが、値段ばかり気にするのではなく総合的に見て購入するかどうかを決めるべきでしょう。性能が驚くほど良くても高すぎるとコストパフォーマンスが良くありませんし、安すぎても性能が不安です。このあたりのバランスを考えましょう。
 設置の簡単さも気象観測機器を導入する上で重視なポイントになるでしょう。個人で導入を考えるとなると予算的な問題もありますから価格を気にするかもしれませんし、研究機関に所属している方だととにかく性能を重視するのではないでしょうか。気象観測機器はときに山岳地帯など設置や運搬が難しい場所で使用することもあります。設置が複雑な製品だと現地で慌ててしまいますし、設置するまでにも時間がかかってしまうでしょう。また、組み立て工程が複雑な機器だと配線の接続ミスなどが起きる可能性もありますし、せっかく設置しても性能を発揮できないということも考えられます。持ち運びが楽かどうか、というのも大切なポイントです。山岳地帯や足場の悪い場所に設置したい場合だとそこまで機器を人が持ち運ぶ必要がありますし、そうなると少しでも軽くないと体力的な負担が大きくなってしまいます。機器の素材や造りによっては非常に重量のある品もありますから注意しましょう。軽量設計されたものもありますから、なるべくこのような製品を選ぶと持ち運びも楽になります。頻繁に設置場所を変える予定があったり、車で入っていけない場所などに設置したりする場合は少しでも軽い製品を購入しましょう。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.