2019-06-28

温湿度計の特徴は、用途に合わせて作られる信頼性と共に複数の利点が備わっています。
利点の一つとしては、消費電力の低さが長期間の計測を実現します。センサー自体は、小型で取り扱いやすいので、設置の容易さだけではなく、持ち運びでも利点があります。温湿度計の信頼性を高めるポイントには、高精度の素子を搭載している事、そして耐久性が必要になります。世界的に品質が認められたセンサーは、過酷な条件下でも正確な計測結果を出せる性能があります。

しかし、温湿度計の本体設計が不十分では、外部からの影響に結果が左右されてしまう可能性はあります。温湿度計は、センサーを収納する本体の作りも重要なので、設計と構造が最終的な精度に影響を与えることもあります。屋外で使用する事を想定した温湿度センサーもありますが、直射日光や雨、風によって影響を受けるので、自然通風シェルターや強制通風筒、百葉箱に収納して使用します。センサーの信頼性は、温湿度を計測する場合に欠かせませんが、本体の構造や作りの質も同様に大切です。センサーの特徴は、優れた精度だけではなく、設置条件の自由度や取り回しの良さもあります。メーカーが公表する詳細な仕様と共に、実際に使用された実績も評価ポイントになります。場所を選ばない汎用性、特定条件に特化した製品もあるので、環境や使用法に合わせて選ぶ事が出来ます。


お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.