2021-02-11

接触型温度センサーの市場

 温度センサーの市場規模は、現状では接触型が非接触型を上回っており、中でも熱電対・測温抵抗体・サーミスタが主要市場です。利用されている分野は、熱電対と測温抵抗体は工業炉や配線・ダクト・検品装置などの製造業向けが主であり、サーミスタは家電や住宅設備・産業機器・車載など多岐にわたっています。
 その他の接触型も一部のスマホやタブレット端末向けに供給されるようになる等、利用実績が伸びてきています。光ファイバーは石油・ガス・電力関連のエネルギー関連や自動車産業、温度インジケータは産業用・医療・食品・ヘルスケア関連で導入が進んでいます。
 一方で非接触型の製品もコストダウンが進んだことにより、今後も好調に成長していくことが予想されます。

温度センサー

フィールドプロの「温度センサー・温湿度センサー」製品紹介ページ。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.