2020-05-07

 太陽光発電計測のシステムは、一日当たりの日照時間や日射量などを計測します。このシステムを太陽光発電設備建設前の事前調査として使用することで、その土地で効果的に太陽光発電が行えるかを事前に確認することができます。また、高精度なセンサーを採用することに加えて精度を高める仕組みが取り入れられています。太陽光発電には適切な設置環境と設備が欠かせません。太陽光発電計測システムは企業や行政向けに限らず、民生用を加えて開発されています。目的によって発電容量など規模が違いますので、必要な場面に合わせて適切なコストがかけられています。
 発電に欠かせない最も重要な要素が日射量で、正確に計測して記録し続けることが欠かせません。日射計は国際規格に合わせて作られているものもあるので、用途に応じて選ぶことができます。セカンダリースタンダードは、基準器としても使用できるくらい最も信頼が置ける高精度ですが、価格の高さが問題です。しかし、太陽光発電の評価用としてはファーストクラスやセカンドクラスの日射計でも十分に対応できるので、一般的にはこれらのクラスが使用されることが多いです。セカンドクラスでも十分な精度が確保でき、比較的製造コストが下げられる特徴があります。
 精度を揺るがす要因は外部の環境がセンサーに与える影響であり、ボディの作りが重要です。センサー部分はドーム状のガラス等で保護されていますし、直射日光や雨風が当たっても急速な劣化はほとんどありません。また、全天候下に対応する必要があるので、防水防滴であるのはもちろん高温高湿の環境下でも耐えられる設計に工夫されています。ボディ部分は耐腐食性に優れた素材で覆われているので、一般的な環境では問題なく使用できます。太陽光発電計測で特に大切な点は太陽光によって熱を帯び、誤った結果を出さない精度と信頼性です。ファーストクラス以上の製品は、遮蔽カバーに二重のドームを用いることで感部が直接受ける熱の量を減少させる工夫をしています。熱量の減少は直接的な熱交換を減らすので、センサーが誤差を発生させる要因を排除する事ができます。固定方法は、状況に対応した適切な種類が用意されているので、ズレによる精度低下を起こす問題がなくなります。太陽光を使った発電はクリーンで資源を無駄にせず、効率化も実現されている効果的な方法です。設置環境の把握は、適切な設備の種類選びや最適な規模や角度決定の設置を実現する為に役立ちます。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.