2021-06-17

 気象庁は本格的な出水期にあわせ、令和3年6月17日13時より「顕著な大雨に関する情報」の提供を開始します。線状の降水帯の発生が確認された際には「線状降水帯」というキーワードを使い、大雨への警戒や身の安全の確保を呼びかけます。

 「線状降水帯」は積乱雲が数時間停滞することにより大雨をもたらすもので、近年の豪雨災害の多くの要因になっています。線状降水帯が洪水や土砂災害など大きな災害を引き起こすものとして社会で広く認知されるようになりました。

お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.