2019-03-17

温度センサーは私達の身の回りにも使用されており、気づかないで知らないうちに利用している方も多くいるのではないでしょうか。温度を感知しなければならない家電製品にも搭載されていることが多くなっています。例えば、パソコンは温度をモニタリングして温度の上昇を検知し、冷却ファンを回すことになります。
また、気象観測の現場でも温度は定期的に観測される要素の一つです。温度センサーにはどのような種類があるのでしょうか。例えば白金測温抵抗体のタイプになります。このタイプは高精度、高信頼性が一つの特徴になります。観測する場所は私たちが生活する環境だけでなく、高温になったり低温になったりする過酷な環境での観測をしなければならないこともあるでしょう。また、工場などに導入する時は製造現場によっては熱を使用して加工などをしなければならないところもあります。耐寒及び耐熱の素材を使って温度センサーを作成することによって、このような悪環境でも使用することができるでしょう。水中や土の中に埋めて使用する際には完全防水の加工を施した温度センサーを選択すると良いでしょう。その他にも、直射日光や雨に温度センサー感部が直接当たらないように自然通風シェルター付きのものも販売されています。保護管にチタンを使用し、海水の温度を測ることができる温度センサーも販売されています。
海水の温度を観測しなければならない方も少なくありません。例えば海水の温度を参考にして漁をする方も少なくありません。海水温を測り、研究に役立てている研究者も少なくないでしょう。その他にも様々な気象要素を測るための観測機器があります。例えば風向風速計は風向きや風速を知ることができます。ビルの屋上など風の影響を受けやすいところに設置されたりしています。その他、太陽光発電計測の現場には日射計や温度計が導入されています。使用していない土地を所有している企業で、太陽光発電システムを導入して利益の一部にしているところも少なくありません。発電量や日射量、気温、太陽光パネルの裏面温度等のモニタリングができます。


お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.