2019-03-17

気象観測とは、気象現象の観測を全般に表す言葉です。

古代では空を見上げて雲や星、風の流れなどを読み取り数時間後や数日後の気象(天気)を予測していました。一部では星や雲の動きを計算する人たちも存在していました。現在の気象観測の方法は昔から行ってきたやり方と同じ方法で予測するほかに、宇宙に存在している人工衛星や宇宙ステーションから地球そのものや周りに存在する雲などの監視・観測を行うことで、気象(天気)を予測しています。地上からではなく、宇宙から地球を見ることで地球全体の雲の動きを監視することができ、地上では見えなかったものも観測することができるようになりました。また気象観測には、いくつかの種類があります。もっとも主流なのが地上気象観測と呼ばれるもので、観測対象が風向風速、気圧、気温、温度、雨量など数多くあります。そのほかに海洋、高層、衛星気象観測があります。観測に使用する機器は観測する基準や対象によって異なります。宇宙から地球を観測することで、世界各地で起きている自然現象(自然災害)などを未然に防ぐことができます。たとえば、竜巻やオーロラを観測することができたり、台風の雲の流れを監視したり、台風の進路予測することができます。これらの大きな自然現象(自然災害)を未然に防ぐことで自然災害による被害者等を減らすことができるかもしれません。人間では知ることのできない自然の動きはコンピューターを駆使して予測できる時代になりましたが、それでも自然の力は強大です。気象観測は雲の動き、風の動きや強さ、温度などをただ観測するだけでなく、地球規模で起こる問題を監視していることになります。最近では、地球温暖化の影響により雲の急激な成長や急な雲の発達によるゲリラ豪雨、多数のオーロラの観測、一部の地域で雨が降らなくなるなど、地球の温度などの変化により、不安定な気象状態が増えている状態になりました。そのため、天気予報があてにならないことが多くなってしまったので、不安定な気候の状態にも対応できるような技術が必要になりました。


お問合わせ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.