> > 風向風速計の豆知識や設置場所について

風向風速計の豆知識や設置場所について

風向風速計の豆知識や設置場所について


風向風速計の重要性



現在は気象観測で様々な測定器が使用されています。その中でも人々の生活を安全に送るためには風向風速計は重要だと言われています。ではどんな時に使用されるのでしょうか。ここでは気象観測の測定で使用される風向風速計の重要性について紹介します。

まず使われる用途としては色々ありますが、第一に空港などで使用されることがあります。飛行機は雨や雪など天候が悪い時に限らず風の影響を大きく受けるものです。あまりにも風が強いと飛行中止にする必要がありますが、それを判断するためには風向や風速を計らなくてはなりません。風向風速計を使用すれば今現在どのくらいの風が吹いているのかやどの方向に向かって吹いているのかを知ることができます。安全に飛行するためには必要不可欠な測定器です。

続いて高速道路でも活用されています。高速道路では自動車が比較的速いスピードで道路を走行しますが風が強いと速いスピードで走ると影響を受け横転などの恐れもあります。それを防ぐためにも風向風速計は役に立っています。また、海などでも使用されることがあります。海と言っても海から近い山の山頂を設置場所としてつけることがありますが、海も風の影響を受ける場所です。例えば無風の時はそれほど波は大きく立ちません。しかし、風が強くなると次第に波が立つようになり波が高いと船舶にも影響をします。海の安全を守るためにもどのくらいの風が吹いているのかや風向についても重要です。

このように、様々な設置場所がありますが、色々な場面で風向風速計は活躍をしています。もし計測をすることができず、風のことを考えずに飛行機を操縦したりすると墜落の可能性も考えられますし、海を走行する船も波が高い時に出船してしまう恐れもあります。安全のためにも重要な計測器になるのでなくてはならない存在です。



風向風速計の基本的な設置場所



風向風速計は海や山、空港、高速道路など人々の生活の安全を守るために設置がされていますが、基本的な設置方法としてこれから設置をしたいと思っている方のためにも紹介をします。まず基本的な設置場所としては平らな開けた場所を選んで、独立の塔や支柱を建てて地上から約10メートルの高さに設置するようにしましょう。しかし、ビルや煙突など10メートルを確保できない場合はやむを得ず設置することがあるかと思いますが、これらの場所に設置する際の設置方法についても紹介します。

まずビルの屋上に設置する場合ですが屋上の中でも一番高いところが理想的だと言われています。ビルの屋上でも低い場所などに設置すると正確に測定することができない場合があります。また、屋上と言っても外壁に設置する人もいますが、万が一落下した場合には重大な事故につながる可能性もあるので、事故の発生をさせないためにも外壁よりも5メートル以内は内側に設置するといいでしょう。このように、ビルの屋上といってもどこでも設置をしていいというわけではありません。設置場所を守ることで安全に測定をすることができるので守るようにしましょう。

続いて煙突などに設置をする場合ですが、煙突の中でも一番高い場所に設置する際にはてっぺんにアームなどを張り出し、その先端部分に測定器を取り付けるようにしましょう。煙突に関しては自然災害などで煙突の中に測定器が入ってしまうと危険なので、少なくても50センチ以上は離しておくことが基本です。

また、注意点としては煙突の径が大きい場合です。径が大きい場合はそれ自身が大きく影響して複雑な風が生まれる可能性があります。複雑な風になってしまうと正確に風向や風速を計ることができないので、あまり知識がないという場合は状況に応じて専門家に相談をするといいでしょう。このように、設置場所によって注意点や設置方法が異なるので、事前に調べたり専門家に聞いたりしてから取り付けることをおすすめします。



現代の風向風速計について



従来において現在通販サイトなどで販売されている風向風速計の性能は高くなっており気象観測をする方で購入をしたいと思われている方は比較的精度の高い製品を導入することも可能です。また、古い製品を昔から使用しておりこの機会に買い換えをされる方も通販サイトでの購入は可能でしょう。

例えば通販サイトでは飛行機型の風向風速計が販売されています。この製品は風速値をリアルタイムで確認することができますからその場で風向風速の記録をしたいと思われる方はこのような製品を選択することで気象観測がしやすい環境を整えられるのではないでしょうか。また、風速に関してはLEDによる円形の方位で表示されています。LEDを使用することによって消費電力をできる限り抑えてくれます。

また、アラーム接点や、風速や風向の警報を出力できる機能も搭載されている場合があります。製品の中にはSDカードで記録ができる製品もありますから、データをパソコンに移し替えてデータ分析をすることも可能です。このように様々な製品が通販サイトで販売されていますから、目的に適した気象観測のための風向風速計を購入しましょう。






次の記事へ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.