> > 太陽光発電や風向風速計の豆知識

太陽光発電や風向風速計の豆知識

太陽光発電や風向風速計の豆知識


太陽光発電について



太陽光発電の導入を検討している方も多くいるのではないでしょうか。太陽光発電は実際に一般家庭の家の屋根などに設置されています。住宅に住まわれている方の中には隣の人の屋根に太陽光発電が設置されている方もいるでしょう。基本的に一般家庭に設置されている太陽光発電においては一部買取制度が適用されるタイプのものが多いです。一部買取とは余った電力を電力会社に買取してもらうことができるということです。その他にも発電した電力は自宅で自由に使うことができるので、電気料金の削減などの効果を期待することができます。また、一般家庭向けの太陽光発電だけでなく、産業用の太陽光発電も現在では販売されています。

主に利用する方は個人事業主の方や企業等です。家庭用のものと違う点としては一部ではなく発電した多くの電力を事業者に買取してもらうことができる点です。簡単に言えば利益を生み出すことができます。また、設置場所においても他の発電方法よりも取り付けやすいという点で導入する企業は多いです。発電方法は太陽光発電以外に様々な発電方法があります。例えば風力発電や原子力発電、火力発電などです。これらの発電方法では発電をするために大規模な敷地面積が必要で中小企業だけでなく大企業でも設置することができないケースもあります。

一方で太陽光発電は屋根の上に取り付けられることからもわかるように設置場所が風力発電等よりも限定されませんから、自社ビルの屋上やアパートの屋根、広大な空き地に設置することが可能です。このように多数の利点があるので、実際に設置をしたいと思われている方もいるでしょう。他の発電方法よりも確かに安価に設置できますが、実際に太陽光パネルは一般的な買い物の費用よりも高くなります。特に産業用においては多くの発電量を目的としているため、その分太陽光パネルの数が必要です。そのため、費用が高くなります。

また、太陽光パネルは太陽光を電気に変換して発電をしますから、外に設置しなければなりません。そのため、室内よりも室外の方が故障の危険性に触れる機会が多くなります。故障の原因として挙げられるのが風による屋根瓦の飛来などです。実際に日本では台風などが横断すると暴風警報が発令されます。暴風警報が発令されると当然屋根瓦や看板などが飛ぶこともあります。現在の日本では多くの場所で台風対策が施されているので、大きな被害は少ないですが、ゼロと言い切ることは難しいのではないでしょうか。危険を前もって知るために風向風速計を活用してみてはいかがでしょうか。



風向風速計の種類を知る



実際に暴風警報が発令されて外に出ると猛烈な風や雨で自身の身体に危険が及ぶ可能性もあります。実際にニュースなどでは暴風の影響で溝などに落ちてしまいけがをされてしまった方などが数多く存在しています。太陽光発電においても危険を前もって知るために風向風速計を設置すれば自分で状態を見なくてもセンサーを利用してその現場の風の状況を知ることができます。風向風速計はちまたのショップなどでは販売されていないことが多く、どこで購入すればいいのかわからないという人も少なくありません。

現在ではインターネットの普及により、風向風速計などの気象観測装置を中心に商品紹介をしてくれるサイトがあります。このようなサイトでは種類を豊富に扱っているところが多いです。例えば飛行機型の風向風速計です。飛行機型では風向と風速をリアルタイムで表示することができます。また、軽量なので、持ち運び、設置などが容易です。その他にもSDカードに記録をしておけるタイプの風向風速計も存在しています。遠くに太陽光が設置されている方はワイヤレスで風向風速を計測することができる製品もあります。太陽光パネルで長期間計測をすることができるので、メンテナンスなどの手間を削減することができます。また、気象観測データにおいては離れた場所からも確認できるので、自宅などの安全な場所に身を置き安全な状態で風向風速を確認することができます。



風向風速計を購入する業者の選び方



風向風速計の商品紹介をしてくれるサイトは数多くあります。そのため、自分に合った風向風速計を選択するためにまずは適切な業者を選択したいと思われる方も少なくないでしょう。選び方のコツとして挙げられるのが、幅広い性能の風向風速計を取り扱ってくれるかどうかです。

製品の購入を検討している方は太陽光発電に設置する目的だけではありません。例えばリアルタイムな表示を見て風向風速の観測をしたい方もいます。取り扱い製品が多いところを選択すれば自分に合ったものを選択しやすくなるでしょう。業者を選択する時は製品選びやその他の疑問点に関してサポートしてくれるかどうかで選択しましょう。業者の中にはホームページにお問い合わせフォームなどを設置して利用者からの相談に乗ってくれるところもあります。このような業者を選択すればしっかりとサポートを受けながら商品を選ぶことができるでしょう。





次の記事へ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.