> > これから日射計や風向風速計の導入を検討するなら

これから日射計や風向風速計の導入を検討するなら

これから日射計や風向風速計の導入を検討するなら


日射計や風向風速計などの導入を検討する際のお役立ち情報



皆さんの中には、温度センサーや日射計、風向風速計、温湿度センサー、雨量計、風速計、土壌水分計などの導入を検討している方がおられるかも知れません。それらの中で、風向風速計は、風速計と風向計の機能を兼ね備えた機器で、風速と風向を同時に計測することが可能です。一口に風向風速計と言っても、数多くのバリエーションが存在します。その中でも、風杯型風向風速計・風車型風向風速計・超音波風向風速計は、比較的多くのシーンで利用されています。

その内、風杯型風向風速計は、風杯型風速計と矢羽根型風向計が一体構造になっているものです。こちらの機器は、鉛直の回転軸を中心として、半球または円すいの形をしたカップ状の風杯を3方向または4方向に配置した構造となっています。風杯型風向風速計では、風杯に風が当たると回転するので、回転の速度を数えることで、風速の計測を行うことが可能になります。

また、風車型風向風速計は、流線型をした胴体の先端部分に直径の短いプロペラがあり、後部に風見安定用の垂直尾翼を持つ機器です。プロペラは常時風上に向いている状態で、風車の回転数によって風速を測り、胴体の向きによって風向を計測することができます。



風向風速計にはどのようなタイプの計器がある?



日射計や風向風速計、温湿度センサーなどの導入を検討するにあたっては、機器の種類に関する理解を深めておくことも大切なファクターです。先ほど風向風速計の種類の中で風杯型、風車型について紹介しましたが、次に超音波型というタイプを紹介します。

超音波風向風速計は、空気の移動によって超音波の伝搬速度が変化するという性質を利用して、風向・風速を測定する機器です。一般的な風向風速計とは違って、可動部を持たないという特徴があります。こちらの機器では、発信部と受信部が向かい合わせに配置され、両者の間を超音波が伝搬するのにかかる時間を測定することで、風向・風速の計測を行うことが可能になります。

また、昨今になって、発電機式ではなく、光電式の機構を搭載したものを利用するケースが増えてきています。発電機式の機器は、回転部の慣性モーメントが高いという問題点があります。慣性モーメントは、回転部の回りにくさに影響を及ぼします。その一方で、光電式の機器の場合、慣性モーメントが低く、レスポンスが良いために、微弱な風しか吹いていなくても測定が行いやすいほか、計測データをデジタル出力するのにも適しているというメリットがあります。また、時間の経過によって機器が劣化するリスクも低いために、遠隔地における観測や、長い期間にわたる観測にも適しています。それらの利点を活かすべく、光電式の風向風速計は、気象庁をはじめとして、数多くの機関で採用されています。



風の観測データを利用する方法と、風向風速計を採用するメリットについて



気象条件を構成する要素の中でも、風は、規模の大きい大気の運動を表す指標として、重要な役割を果たします。自然界では、台風や発達した低気圧などの発生にともなう強風や、雷雨や前線などにともなう突風によって災害が引き起こされることがあります。風の観測データを利用すれば、それらの被害を軽減することができるほか、自動車や船舶、航空機の運用をする上で安全性を向上したり、大気汚染を防止したりするためにも役立ちます。

また、風の観測データは、天気予報で、雲の動きを予想する際にも有効的に活用されています。その他にも、花粉の飛散状況を予想することや、強風・暴風・波浪などの注意報・警報を発令するのにも役立てられています。さらに、台風による被害状況を予想したり、台風の強さを表したりするために利用されるケースも多く存在します。そうすることで、強風・暴風・波浪などの注意報・警報が発令された場合に、避難勧告・避難命令を出す地域を特定することがきるのです。もちろん船舶に対する被害状況を予想するためにも役立てられます。また、最近になって、風力発電など、自然のエネルギーを利用したクリーンな発電を行うのに適した土地を示すための指標としても使用されているようです。このように、風向風速計は、私たちが日常生活を営む上で、さまざまなシーンで活用されています。

風向風速計を採用するメリットとしては、種類が豊富に用意されているということが挙げられるでしょう。こちらの測定器には、タイプの異なるさまざまなものが存在し、目的や精度、環境の内、何を重要視するかによって使い分けることが可能となります。したがって、的確なデータを入手するためには、ただ漫然と風向風速計の導入を検討するのではなく、機器を使用する目的や環境を明確にする必要があります。また、風向風速計によって風の強さや向きを測定すれば、自然によって引き起こされる災害に対策を講じることも可能になります。





次の記事へ

Copyright© 気象観測システムのフィールドプロ All Rights Reserved.